住宅設計演習第一課題エスキスチェック
はじめのエスキスチェックが終了しました。
気になった部分をメモしておきます。

まずは、配置計画を見ました。
おおきくわけると、独自の論理でがんばっている人がいます。ロジックを構築するのは大事ですが、まずは典型的なロジックを意識して組み立てて欲しいです。そのために必要なポイントは、3つです。入口、駐車スペース、庭です。これに内外の空間の面積比の設定も加味されます。

ということで、何人かはこれらのポイントに注目しつつ、あまり細かいことは気にせずに検討していましたが、それなりに良くできている人が多かったと思います。細かいところで不整合はありますが、配置計画としてはその程度でいいのです。

まだ、はじめての設計演習です。終わりが見えていないというのが一番の問題になるでしょう。ゴールのイメージがないと、自分の現在地もわかりませんから。

とはいえ、学生たちの吸収の速さには眼を見張るものがあります。なかなか鋭い質問もたくさんありました。

設計技術を学ぶに当たり、受け身で覚えなければならないこともあります。「習うより慣れろ」です。何ごとにも反復練習、訓練は必要です。わたしの考えでは、大学で学ぶことの目的は、自分の頭で考えて行動できるようになることです。結果は後からついてくると思います。
ryukozi
<< NEW | TOP | OLD>>