【釧路の家】床暖房工事に立会いました

「釧路の家」の床暖房工事に立会いました。

…寒いとはわかっていても、やはり寒いです。

この家の暖房システムにはコンクリート埋込式床暖房を採用しています。
深夜電力を使って土間床のコンクリートを温めます。日中はコンクリートから放熱します。コンクリートは熱容量があるのでしばらく温度をキープします。イメージとしては「石焼ビビンパ」のようなものですね。あとはその熱をなるべく保温するように断熱材で家を覆えばOKです。屋根、壁、地面までをすべてカバーします。

ちなみに、これは釧路では珍しい試みです。

なぜなら、釧路では各部屋に暖房器具を置くのが一般的だからです。そして基本的に家の中はものすごく温かい。Tシャツで生活できるくらいの暖かさです。しかし、これは裏を返せば屋外や非暖房室との温度差があるということです。非暖房室では「結露」が生じやすくなります。結露が生じると木材が腐りやすい状態になります。木材が腐ると建物の構造に影響がでるのはいうまでもありません。

ですから、この家では、なるべく非暖房室をつくらないように考えています。

ところで、釧路でも「ユニバーサルホーム」は基礎蓄熱式の暖房システムを採用しています。考え方は似ているのでモデルハウスにも行きました。でも、断熱の考え方が腑に落ちないんですよね。モデルハウスで見た方式では基礎の立ち上がりには断熱材が入っていますが基礎コンクリートの下には断熱材が入っていませんでした。なぜなら地中の温度は安定しているから。たしかに、土は断熱材のように振る舞います。しかし、それは土が乾燥している状態に限ります。その場合に限って、原理的に正しいのは間違いないのですが、地下水があったらどうするの? おそらくそういうときは個別に対応しているのでしょうが、アナウンスはされていない。たぶんレアケースなんでしょう。その断熱方式についての疑問がクリアされればいうことないんですけどね。
ryukozi
<< NEW | TOP | OLD>>